【デッキレシピ】アモン軸ダクイレ

生まれ変わる”トキ”が来た…自分を越えた存在に…!
今更すぎる内容。旬を逃した感。

魔神侯爵_アモン_“Я”

■レシピ
G3 7
4 魔神侯爵 アモンЯ
3 魔界侯爵 アモン

G2 12
4 アモンの眷属 ロン・ジンリン
4 アモンの眷属 ヘルズ・ドロー
4 グウィン・ザ・リッパー

G1 14
3 アモンの眷属 フウ・ジンリン
4 アモンの眷属 ヘルズ・ディール
3 ブラッディ・カーフ
4 アモンの眷属 ヴラド・スペキュラ

G0 17
FV デビル・イン・シャドー
4 アモンの眷属 クルーエル・ハンド
4 悪夢の国のダークナイト
4 ヒステリック・シャーリー
4 アモンの眷属 ヘルズ・トリック
(☆8、引4、癒4)

■何ができるの
ついに来た、ダクイレ名称指定!
まずはオーソドックスにカテゴリで構築し、その後徐々に尖らせてゆきましょう。

詳しい回し方や理想の盤面については省略。
アモンЯライド時と素アモンライド時で回し方が結構違ってしまいますが、
アモンЯは単純明快、素アモンについても今更長々語る必要もないでしょう。

■ユニットについて
◆G3
・アモンЯ、素アモン
4:3で合計7枚、シズク互換のシャドーで引き込む構築です。
10kG3をなるべく積みたくないので素アモンは3積みですが、
そうなると偶発的な吸い込みCRの成功率が下がるので、好みで4積みもアリでしょう。
G3フラッドについては、吸い込むor呪縛することで擬似的にですがフラッドケアできます。
ただどちらの手段も状況に左右されますので、解決しているかどうかは微妙です。

◆G2
・グウィン
メインVがどちらもCBを使わないので、貴重なCB消費ユニットになります。
除去のリソース変換は言うまでもなく強力で、キーカードに頼るタイプのデッキに対するメタにもなります。
ただ、カテゴリではないためG2グウィンライドしてしまうと
ヘルズ、ロンが出しにくくなる気もしますが、実際回してみたらそんなに気にならなかったです。
ヘルズはともかくロンは12kでなくとも十分なタイミングですし、フウで代用することもできます。

◆G1
・カーフ
5枚目以降のグウィンとして採用。

◆G0
・シャドー
安定のシズク互換。
このデッキ、というかアモン軸ではほかのデッキ以上に仕事が多いパワーカードです。
アモンЯの呪縛対象、素アモンの餌…ロンの後ろで16k出せるのも見逃せません。
個人的にはフウを前に置いて14kで相手Rを殴るのが好みです。
もちろん、ソウル枚数の補完のために空撃ち覚悟でスキルを使うのも◎です。

・トリガー配分
☆偏重も試してみましたが、強い場面より弱い場面の方が多かった印象。
あとシャーリーをできるだけ積みたいという狙いもあるのでこの配分に。
今のところ丁度いい感じですね。でももしかすると☆9あたりに変更するかもしれません。
(思いのほかシャーリー使わないことが多いため)

■採用しなかったユニットについて
◆G3ユニット
・ダンタリアン(BR)
11kのG3というだけで採用したくなりますが、
カテゴリでないことや、BRスキルがアモンЯと噛み合っていない感が強かったので不採用としました。
金ガンスと同じ…いやクラン特性上より使いにくかったですね。

◆G2ユニット
・サイコ・グレイブ
最初グウィンの代わりに採用してましたが、グウィンが強すぎたため不採用に。
G2ライド時も確実にカテゴリ乗りたいなら採用ですが、先に記述した通り実戦で回してみると別にいいかなーという感じでした。

・ストーリー・テラー
環境的にドローより除去(グウィン)のが使いやすかったので。
複数回使えることから、アモンЯで3点止めしているときはヒャッハーですが他の場面では微妙でした。
理想の盤面を考えるとあったほうがいいですが、「優勢な時に強いスキル」は総じて弱くなりがちですね。

・サイバー・ビースト
無理だった。

◆G1ユニット
・イエロー・ボルト
アモンЯと絡めて効率的にソウルを稼ぐ!…が理想ですが、
G1の他のユニットと比べると強い場面が限られてしまうので不採用に。
もう少しG1構成を練ったら1、2枚くらい入るかもしれませんが、都合よく働くかは疑問。

・匠
グリーディー、ドリーンと組むと鬼ですが、現行の構築だと仕事しなさすぎです。
他のデッキでは4積みまである、非常にダクイレらしい好みのカードです。
イラストもいいですね。

・ドリーン
アモン軸の個性はコイツを採用するかどうかだと思います。
採用する場合、G1G2はもちろん、FVやらトリガーやら果てにはG3の構成まで変更になりそうです。
最初に書いた「尖らせましょう」とは、コイツをうまく組み込みましょうと読み替えていただいてOK。
要検討ユニット。今も昔もダクイレの要ですね。

・フールズ・パーム
微妙。

◆G0ユニット
・グリーディー
ドリーンが抜けてしまったため、微妙に仕事を失ったので不採用となりました。
パワー高めに構築するならシャドーよりも上位ですが、今回は一旦これで。

・フェイト・コレクター
ソウル6枚はやっぱり重かった。
ソウル補完にも使えませんし。
名称指定がありそうでないので、他の軸で活躍していただきましょう。

■まとめ
対戦していただいた友人から、「穴らしい穴が見つからなかった」との言を頂きましたが、
まさにそんな感じのデッキだと思います。
まぁカテゴリなんてどれも一定以上のレベルがあるよって話はありますが、
除去、超パンプに加えて☆増加とCRも備わっているため、相手をしていてやりにくいと感じやすいかもしれません。

夏の権利戦はこれで勝負してみるつもりです。
気が向いたらドリーン搭載版の記事をあげるかもしれませんが、需要なさそうなので多分あげません。

広告

add comment..

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中